25 November 2008

「あたりまえ」を疑う社会学 質的調査のセンス

 「積ん読」状態になっている本のなかから。
 
「あたりまえ」を疑う社会学 質的調査のセンス (光文社新書)
「あたりまえ」を疑う社会学 質的調査のセンス (光文社新書)
  • 発売元: 光文社
  • 価格: ¥ 777
  • 発売日: 2006/02/16
  • おすすめ度 4.0


 著者の好井 裕明(よしい ひろあき)さんは、筑波大学大学院人文社会科学研究科の教授をされています。
 
 この本では、いわゆる質的研究の手法について書かれているのではなく、好井さんやほかの社会学者の方々が行ってきた研究をベースに、社会学的な質的研究を行う上での「センス」について書かれています。社会学者が、どんな視点で人々の日々の生活をみて、その中でどんな振り返りをし、どんな問題を社会に投げかけているのか、そういったことが書かれています。
 語られている研究テーマは、部落の人々、在日韓国人、ゲイなどのセクシュアルマイノリティ、地域の民俗など、多岐に及んでいます。

 目次
第1章 数字はどこまで語れるか
第2章 はいりこむ
第3章 あるものになる
第4章 聞きとる
第5章 語りだす
第6章 「あたりまえ」を疑う
第7章 「普通であること」に居直らない

 読みながら、常に頭の中にめぐってきたのは、
 「この、社会学の視点は、臨床医の視点そのものなんじゃないのか?」
 ということ。
 とくに、長いこと一人の患者さんや家族、地域と付き合っていく家庭医の(あるいは、持つべき)視点に非常にそっくりだと。

 診察室へ来る患者さんは、「患者さん」とひとくくりにすることは、なかなか難しい。
 「糖尿病の患者さん」ということで、治療方針はガイドラインとして提供されているものがあり、それにのっとって治療することが勧められている。
 でも、その患者さんたちの中に共通する何らかのカテゴリーはあるかもしれないけれど、医学的な薬への反応なんかの違いだけではなくて、その人の生きている環境や病気のとらえ方、ものの見方、医療との距離の取り方なんかは、患者さんそれぞれ、なんだよね。
 そんな、非常にユニークな人々のそれぞれのニーズに合ったように、手持ちの「医学」という道具箱から、それを少しモディファイしながら、長い時間を過ごしながら、応援していくっていうのが、プライマリ・ケアなのかなと。
 
 以前、ゲイやレズビアンといったセクシュアル・マイノリティの人たちへの医療提供について、医者たちと話になったことがありました。
 診療を行う上で、月経・性交渉についてやセクシュアル・パートナーについて聞きとる必要が多くありますが、結構な割合で「セクシュアリティについては、聞かないなぁ」とか、「性にまつわることは、ちょっとね」ということで、話題にのぼらない(のぼらせない?)という話でした。
 なんでかなー?ご飯を食べるのと同じくらい、日常的なことなんじゃないのか?
 医療のProfessionalとして、聴取しないのは問題なんじゃないのか?
 って思っていました。

 この本を読んで、ははぁと思ったのが、そうした話題、あるいは、そうしたことに何らかの問題を抱えている人に対して、「聞かないなぁ」という医療者は、どのように対応したらいいのか分からなかったり、対処する経験がなかったから、「話題が出ることに怯えている」のかもしれないなぁ、と。
 
 目の前の患者さんに、他に何かありますか?と聞いたときに、「私、ゲイ/レズビアンなんですけど、何か気をつけたらいいことってあります?」と問われて、固まってしまう、ということの不安があるのかなと。
 
 知識を積み上げたら、その不安が解消するというわけではなくて、自分の「日常」に入っていないカテゴリーが目の前に現れたときに、どうしていいか分からなくなるかもしれない、という不安なのかなと。

 好井さんは、社会学を勧めていく上で、非常に大切な視点も指摘されています。
 社会学的調査を進めていくと、
調べれば調べるほどに、”生かされた”カテゴリーをめぐる人々の経験がもつ”闇”が広がっていき、他方、「道具」としてのカテゴリーを安易に用いていた自分のこれまでの経験が思い知らされ (P240)

 るということ。
 そして、調査する人は、調査をするということそのものが、
”闇”を広げてしまう営みだということぐらい、きちんと認識したうえで調査すべきであり、個別のできごとや問題の中で、調査するものの対応やセンスが問われていく (P240)

 と指摘しています。
 また、姿勢として、
調査をすることの権力性や自分自身の居場所を、調査する過程で常に反省的にとらえ直しているだろうか、調査結果を明らかにすることが、対象者に対して持つ意味をどれくらい想像できるているのだろうか (p241)

 と自分に問いかけ、
決して硬直してはならない。そうではなく、できるだけ柔軟に、調査することを見直し、調査する私を見直す。もし「普通であること」に私が少しでも居直っているとすれば、それを反省し、「普通であること」を疑い、どこが問題であり、どう変革すれば、相手の”生きられた”世界と繋がることができるのかを模索していく(P241)

 ことを勧めています。

 これは、社会学者のセンスとして書かれていますが、「調査をすること」という言葉を問診などの「話を聞く」とか「治療」ということに置き換えれば、おそらく、「よい臨床家」となる上でも、非常に大切な視点なのかなと、思いました。

2 comments:

Tadao Okada said...

質的研究は「パンドラの箱を開ける」ことです.
質的研究をしたい,という人達に最初に必ず,「自分の見たくない,聞きたくない真実が明らかになっても向き合う勇気,心構えがありますか」という質問をします.

「調べれば調べるほどに、”生かされた”カテゴリーをめぐる人々の経験がもつ”闇”が広がっていき、他方、「道具」としてのカテゴリーを安易に用いていた自分のこれまでの経験が思い知らされ (P240)」

の部分と良く呼応すると思いました.

世の中には数えられない物の方が多いですからね..

質的研究 qualitative research のリソース

http://tadao-okada.blogspot.com/2008/03/qualitative-research.html

Tag said...

Tadao Okadaさん、お疲れ様です。

MScのネタを考えているときに、Tutorからも同じようなことを言われました。
質的研究で、しかも自分の所属していた組織を扱う場合には、自分もその中に巻き込まれざるを得ず、自分自身をも客観的にみる必要があると。
その際に、見たくないこと、認めたくないことが出てくると思うけど、それを診ることもまた、質的研究には必要な視点だよと。
不完全ながらも、質的研究に取り組んだ経験が、明らかに新たな視点を身につけさせてくれたように感じています。
何でかわからないことにあたった時に、どうすればその理由が分かりそうか、どういった視点からアプローチすることができそうか、そんなことを、毎日考えるようになりました。

もうちょっと、ちゃんと質的研究ができるようになりたいと、思うようになっています。問題は、いつ、どうやって、ですが、、

また、色々ご相談させてください!